全国病院ランキング&
名医情報【病院検索web】
口コミで評判の転移性脊椎腫瘍の名医
 トップページへ戻る                Total   Today   Yesterday   since 05/30/2010 

 当サイトは、病気治療の実力病院ランキング、口コミで評判の名医情報等を提供しているサイトです。
 病気治療において、病院選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。
 このページでは、転移性脊椎腫瘍の名医と言われているドクターをご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。
カスタム検索
sponsored link


転移性脊椎腫瘍の名医と言われているドクター
【首都圏エリア】
病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
日本大学医学部附属板橋病院
整形外科
東京都板橋区大谷口上町30-1
℡03-3972-8111
徳橋泰明
東京都立駒込病院
整形外科
東京都文京区本駒込3-18-22
℡03-3823-2101
近藤泰児

 脊椎以外の体の悪性腫瘍が脊椎に転移したものを転移性脊椎腫瘍と呼びます。
 がんの発生が増える中・高齢者に多い傾向にあり、原発巣として、肺がん、乳がん、前立腺がん、胃がん、甲状腺がん、腎細胞がんなどの頻度が高いと言われています。
 腫瘍によって骨が壊されると脊椎の支持性(体を支える機能)が失われ、首や背中、腰の痛みを引き起こします。また腫瘍によって脊髄が圧迫されると、手足や体の痺れや痛みを引き起こします。これらが進行すると手足の麻痺や尿・便の異常を来します。適切な診断と治療により良好な経過をたどるケースも多くあります。しかし、高度な麻痺に陥ってしまった場合、回復は困難となります。
 治療は、がんそのものに対する化学療法・ホルモン療法が基本です。
 骨転移を骨融解型から骨硬化型へと変化させる薬剤も使用します。局所的には腫瘍の増大で症状が出ている場合には放射線照射が有効な場合があります。
 また骨破壊が進んで脊柱の支持性が失われてきた場合には、放射線照射や化学療法は無効なため、支持性を獲得するような手術が必要となります。
 転移性脊椎腫瘍の治療は、全身と局所の治療のバランスをとりながら、がんの種類や病気の進展程度など症例ごとに最適の治療を考えていく必要があります。
 画一的にどの治療が優れていると一概には言えませんので、ケースバイケースで十分な検討を行って治療を行っていく必要があります。

 脊椎転移後の生命予後はあきらかにがんの種類によって差があります。
 乳がん、前立腺がんでは予後が比較的良好ですが、すでにホルモン療法や化学療法(抗がん剤)を使用しつくした後に発生した脊椎転移例では予後不良です。
sponsored link
 甲状腺がん、腎がんでも転移巣が骨に限局している場合には、数年以上の生命予後を期待できますが、肺がん、胃がん、食道がんでは一般に脊椎転移後の予後は不良です。
 下記に首都圏エリア以外の転移性脊椎腫瘍治療の名医と言われているドクターをご紹介しておきます。

【首都圏エリア以外の転移性脊椎腫瘍の名医】

病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
静岡県立静岡がんセンター
整形外科
静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
℡055-989-5222
片桐浩久
岐阜大学医学部附属病院
整形外科
岐阜県岐阜市柳戸1-1
℡058-230-6000
清水克時
大阪府立成人病センター
整形外科
大阪府大阪市東成区中道1-3-3
℡06-6972-1181
荒木信人
金沢大学医学部附属病院
整形外科
石川県金沢市宝町13-1
℡076-265-2000
富田勝郎
(参考サイト)
全国有名病院・おすすめ病院NAVI

がんの新しい治療法について
 西洋医学の発展によって、がん治療は目覚ましい進歩を遂げています。
 例えば外科手術は麻酔技術の向上によって、がんの手術に限らず、あらゆる外科手術を可能にしましたし、また放射線療法や化学療法を手術と併用することで、治癒率や延命率も高まっています。
 しかし、これら西洋医学によるがん治療に限界を感じている医師もいます。
 これはどういった点かと言うと、西洋医学の治療では、がん細胞を見つけ、それを取り除くことや殺傷することに専念するために、治療が身体全体に及ぼす影響については目をつぶらざるを得ないという点です。
 たとえば手術でがん細胞を除去する治療法は初期がんには極めて有効ですが、中期以降の転移がんには難しいという問題があります。また、放射線療法や化学療法ではがん細胞だけを殺すことは不可能で、結果的に周囲の正常細胞も殺傷してしまうため、それによって生じる副作用の問題を避けて通ることができません。そして、この副作用ががん患者を精神的にも肉体的にも苦しめることになってしまっています。
 こうした状況のなかで、西洋医学が得意とする病巣や局部に対する治療法に加えて、身体全体を見つめ、その歪みを正して免疫力を高め、人間本来が持っている自然治癒力を生かす治療法が大切だという考え方に目が向けられてきています。
 具体的には漢方療法や心理療法、さらには食事療法なども取り入れた統合的な治療法のことを意味していますが、その一例をご紹介しますので、よろしければ参考になさってください。
(参考1)世界で認められた抗ガン漢方薬「天仙液」

sponsored link


『ご留意事項』
・「全国病院ランキング&名医情報」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医療機関・医師を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。
・医療機関を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「全国病院ランキング&名医情報」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

-全国病院ランキング&名医情報-
COPYRIGHT (C):病院ランキング研究会2010. ALL RIGHTS RESERVED.
Total Page View 00000000  Today 00000  Yesterday 00000