全国病院ランキング&
名医情報【病院検索web】
-口コミで評判の白血病の名医-
 トップページへ戻る                Total   Today   Yesterday   since 05/30/2010 

 当サイトは、病気治療の実力病院ランキング、口コミで評判の名医情報等を提供しているサイトです。
 病気治療において、病院選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。
 このページでは、白血病の名医と言われているドクターをご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。
カスタム検索
sponsored link


白血病の名医と言われているドクター
【首都圏エリア】 白血病の選りすぐりの名医(全国の5名)も参照ください
病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
日本医科大学付属病院
血液内科
東京都文京区千駄木1-1-5
℡03-3822-2131
檀和夫
東京都立駒込病院
血液内科
東京都文京区本駒込3-18-22
℡03-3823-2101
坂巻壽
東京大学医学部附属病院
血液・腫瘍内科
東京都文京区本郷7-3-1
03-5800-8630
黒川峰夫
東京医科歯科大学医学部附属病院
血液内科
東京都文京区湯島1-5-45
℡03-3813-6111
三浦修
東京大学医科学研究所附属病院
内科
東京都港区白金台4-6-1
℡03-3443-8111
東條有伸・高橋聡
虎の門病院
血液内科
東京都港区虎ノ門2-2-2
℡03-3588-1111
谷口修一
慶應義塾大学病院
血液内科
東京都新宿区信濃町35
℡03-3353-1211
岡本慎一郎・木崎晶弘
日本赤十字医療センター
血液内科
東京都渋谷区広尾4-1-22
℡03-3400-1311
鈴木憲史
国立がんセンター中央病院
薬物療法部
東京都中央区築地5-1-1
℡03-3542-2511
高上洋一
(参考)白血病薬物療法の現状(新たな薬が続々承認されています)

 白血病は、血液中の白血球の一群が異常に増殖し、血液内で増加する疾患です。
 白血球の数が増えるだけでなく、増加した白血球は通常とは形態が異なったものとなります。一般的には「白血球の悪性腫瘍」、もしくは「血液の悪性腫瘍」という広い意味合いで使われています。
 女優の夏目雅子さんや歌手の本田美奈子さんらが白血病で亡くなったのは、今も記憶に新しいところですが、それ故白血病は今でも不治の病と思われがちです。
 しかし現在では、多くの新薬の開発とそれを組み合わせた併用化学療法の導入、成分輸血や感染症対策に代表される支持療法の進歩が合わさった結果、「最も治癒を目指せる悪性腫瘍」と言われるようになりました。
 1978年以降は国内でも骨髄移植が行われるようになり、さらに治療成績が向上しています。
 多くの悪性腫瘍が中高年に多発するのに対し、白血病は乳児から高齢者まで広く発生します。
 一般的に白血病と呼ばれるもののうち、全体の40~50%を占めるのが急性骨髄性白血病です。
 同様に20~30%を占めるのが急性リンパ性白血病、15%が慢性骨髄性白血病で、以下慢性リンパ性白血病が10%以下となっています。
 白血病の中でも急性のものは治療しなければ数カ月以内に死に至ります。
 慢性の場合は治療をしなくても数年間は生存するとされますが、慢性骨髄性白血病は3、4年後に9割以上の確率で「急性」に転化する恐れがあると言います。
 白血病の治療はまず抗がん剤を使った化学療法を行います。
sponsored link
 骨髄中にあふれる白血病細胞を100分の1から1000分の1以下に減らしてスペースをつくり、正常な造血ができるようにするのが狙いです。
 白血病細胞が顕微鏡で見つからない状態になると、「寛解(かんかい)」とされますが、「治癒」と呼ばないのは、白血病細胞が見えなくてもごく少数、潜んでいるからです。
 寛解後は、白血病の種類や症状、再発のリスクなどを精査のうえ、化学療法の継続か、正常な造血幹細胞を植え付ける骨髄移植、出産直後に新生児から取る臍帯血(さいたいけつ)移植などを試みます。
 移植の際は、10日ほど前から悪性細胞を根絶するための全身放射線照射や大量の抗がん薬投与が行われます。
 この前処置は患者の負担が大きいため、これまで55歳ぐらいまでが限度とされて来ましたが、近年前処置の負担が軽いミニ移植が取り入れられ、70歳程度まで対象が拡大しています。
 下記に首都圏エリア以外の白血病治療の名医と言われているドクターをご紹介しておきます。

【首都圏エリア以外の白血病の名医】
  白血病の選りすぐりの名医(全国の5名)も参照ください
病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
札幌医科大学附属病院
第1内科
北海道札幌市中央区南一条西16-291
℡011-611-2111
安達正晃
愛知県がんセンター中央病院
血液・細胞療法部
愛知県名古屋市千種区鹿子殿1-1
℡052-762-6111
森島泰雄
名古屋大学医学部附属病院
血液内科
愛知県名古屋市昭和区鶴舞町65
℡052-741-2111
直江和樹
大阪府立成人病センター
血液・化学療法科
大阪府大阪市東成区中道1-3-3
℡06-6972-1181
平岡諦
岡山大学病院
血液・腫瘍・呼吸器内科
岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
℡086-223-7151
谷本光音
倉敷中央病院
血液内科
岡山県倉敷市美和1-1-1
℡086-422-0210
上田恭典
(参考サイト)
私が血液のがんならこの医者に行く!「白血病治療の最高の名医」

●がんに対する抗腫瘍効果が報告されている漢方薬をお試しいただけます!
 最近メディアやインターネット上で注目を集めている抗がん漢方薬があります。
 世界が認めた抗ガン漢方薬! として知られる「天仙液」という漢方薬ですが、「末期がんから生還した」「抗がん剤治療の副作用が軽減された」といった声が多数寄せられているようです。
 その裏付けとして、日本の試験機関「新薬開発研究所」の臨床試験において、最大94.1%という高い抗がん効果が立証されており、日経新聞や朝日新聞などでも取り上げられました。一時期無料サンプルの提供を中止していましたが、再開を求める声が多かったため、現在提供を再開しています。ご希望の方はお早めにどうぞ。


●低下した免疫力を高める物質を東京大学の研究グループが発見!!

 がんをはじめとする多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。
 抗がん剤や放射線による治療では、正常な細胞にもダメージを与えるため、こうした治療を受けたがん患者は、より一層免疫力が落ちることになります。
 低下した免疫力を高めることは、がんと闘う人にとって大変大きな意味を持ちます。こうした中、東京大学が企業と共同で高い免疫活性効果を持つ物質を発見しました。
 ブロッコリーから抽出したこの成分は、ブロリコと名づけられましたが、ブロリコの免疫活性効果は驚くほど高く、メカブフコイダンの約60倍、プロポリスにおいては1000倍以上の活性効果を示しています。
 いま大注目のブロリコはですが、その詳しい資料を請求することが出来ます。住所等の簡単な入力のみで、無料で資料が送られてきますので、免疫力のアップに興味のある方は、資料を請求してみてはいかがでしょうか。
 ⇒ ブロリコに関する詳しい資料のご請求はこちらから  

sponsored link


『ご留意事項』
・「全国病院ランキング&名医情報」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医療機関・医師を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。
・医療機関を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「全国病院ランキング&名医情報」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

-全国病院ランキング&名医情報-
COPYRIGHT (C):病院ランキング研究会2010. ALL RIGHTS RESERVED.
Total Page View 00000000  Today 00000  Yesterday 00000