全国病院ランキング&
名医情報【病院検索web】
口コミで評判のがん免疫細胞療法の名医
 トップページへ戻る                Total   Today   Yesterday   since 05/30/2010 

 当サイトは、病気治療の実力病院ランキング、口コミで評判の名医情報等を提供しているサイトです。
 病気治療において、病院選び・医師選びは大変重要な意味を持っており、多くの患者さんやそのご家族が常に最高の医療を受けたいと願って情報収集を行っています。
 このページでは、がん免疫細胞療法の名医と言われているドクターをご紹介していますので、よろしければ参考になさってください。
カスタム検索
sponsored link


癌により低下した免疫力をアップさせる物質を発見!
 がんをはじめ多くの病気は、免疫力が低下することによって起こります。東京大学の研究グループが開発した高い免疫活性効果を持つ物質「ブロリコ」をご存知ですか? 詳しくはこちらを参照下さい。 ⇒ 免疫力を高めてくれるブロリコ  

がん免疫細胞療法の名医
【首都圏エリア】 
病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
東京女子医科大学消化器病センター
消化器外科
東京都新宿区河田町8-1
℡.03-3353-8111
有賀淳
ビオセラクリニック 東京都新宿区余丁町14-4 NHイチガヤビル1F
℡03-5919-1762
谷川啓司
東京大学医化学研究所・先端医療
研究センター 外科
東京都港区白金台 4-6-1
℡03-3443-8111
田原秀晃
東京慈恵会医科大学附属病院
臨床腫瘍部
東京都港区西新橋3-25-8
℡03-3433-1111
落合和徳

 がん免疫細胞療法は、培養皮膚・軟骨に代表される再生医療や幹細胞移植等と同様に、細胞医療の一つとして位置づけられています。
 免疫細胞療法には様々な方法がありますが、がん細胞やウィルス感染細胞等、体内に発生した異常な細胞を排除する機能を持つ患者自身の免疫細胞を体外で培養・加工した後、再び患者の体内に戻すことによって、異常細胞を排除する細胞医療技術です。
   がん免疫細胞療法は、患者自身の細胞を用いるため本質的に副作用がなく、患者の身体への負担が極めて少ないのが特徴で、基本的には入院を必要とせず、外来治療が可能です。
 がん治療においては、患者QOL(quality of life)を高いレベルで維持可能な全身療法として、既に臨床に応用されていますが、その有効性、安全性をさらに高めるべく、積極的な研究開発、技術開発が進められています。

 健康な人の体内でも日々癌細胞は作り出されていますが、健康な体の場合は体内の免疫ががん細胞の動きを監視し、がんの発生・成長を防いでいます。
 しかし、何らかのきっかけで免疫のバランスが崩れて、防御システムの能力が低下してしまうと、がん細胞が増殖し「がん」という病気が進行してしまいます。
 いったんそうなってしまうと従来の防御システムではがんに確実な攻撃をすることが出来なくなってしまいます。
 そこで重要なのが「免疫力を強化する」ことです。
 免疫細胞を増やし、体内の免疫力を強化することにより、がんに確実な攻撃を仕掛けてバランスを取り戻す療法、これが免疫細胞療法です。
がん免疫細胞療法は腫瘍に対する治療効果が外科療法などにくらべて直接的でないため、化学療法など他の手法と組み合わせて治療する事によりその真価を発揮すると言われています。
sponsored link
 もちろん、上記のようなケース以外の場合にも、QOL(quality of life)向上などに大きな効果を挙げており、そうした意味でもこれから十分期待できる第四の治療法と言えます。
 免疫療法の費用についてですが、臨床試験で受ける場合は免疫療法自体が無料になるので、かかる費用は入院代などの診療代のみで済みます(健康保険が適用されます)。
 高度先進医療で受ける場合は、免疫療法での治療が現在は大体1回6万円~10万円程度が目安です。
 ただ、病院によっては1回あたり15万円以上の費用を取る所もあるようで、それに加えて入院費用や診療代が保険適用で一部自己負担となります。
 民間のクリニックを利用する場合、もっとも費用がかかります。
 あるクリニックの例ですが、CAT療法が1回21万円×4回、DCワクチン療法は1回126万円、CTL療法は1回約31万円、TIL療法は1回約33万円になり、これらを複数回受けるのが一般的なので、かなり高額な費用になります。
 下記に首都圏エリア以外のがん免疫細胞療法治療の名医と言われているドクターをご紹介しておきます。

【首都圏エリア以外のがん免疫細胞療法の名医】

病院名 所在地 ドクター名
(敬称略)
大阪ガン免疫化学療法センター 大阪府大阪市北区天満2-10-17 KGビル4F
℡06-6357-2105
武田力
広島大学原爆放射線医科学研究所病院
腫瘍外科
広島県広島市南区霞1-2-3
℡082-257-1515
山口佳之
薬院CAクリニック 福岡県福岡市中央区渡辺通2−7−34-1F
℡092-737-0505
森崎隆
九州大学生体防御医学研究所附属病院
腫瘍外科
大分県別府市鶴見4546
℡0977-27-1600
森正樹
久留米大学病院
集学治療センター
福岡県久留米市旭町67
℡0942-35-3311
山名秀明
(参考サイト)
・がんの名医と言われているドクター(肺がん、胃がんの他15のがんの名医を掲載)
全国有名病院・おすすめ病院NAVI

がんの新しい治療法について
 西洋医学の発展によって、がん治療は目覚ましい進歩を遂げています。
 例えば外科手術は麻酔技術の向上によって、がんの手術に限らず、あらゆる外科手術を可能にしましたし、また放射線療法や化学療法を手術と併用することで、治癒率や延命率も高まっています。
 しかし、これら西洋医学によるがん治療に限界を感じている医師もいます。
 これはどういった点かと言うと、西洋医学の治療では、がん細胞を見つけ、それを取り除くことや殺傷することに専念するために、治療が身体全体に及ぼす影響については目をつぶらざるを得ないという点です。
 たとえば手術でがん細胞を除去する治療法は初期がんには極めて有効ですが、中期以降の転移がんには難しいという問題があります。また、放射線療法や化学療法ではがん細胞だけを殺すことは不可能で、結果的に周囲の正常細胞も殺傷してしまうため、それによって生じる副作用の問題を避けて通ることができません。そして、この副作用ががん患者を精神的にも肉体的にも苦しめることになってしまっています。
 こうした状況のなかで、西洋医学が得意とする病巣や局部に対する治療法に加えて、身体全体を見つめ、その歪みを正して免疫力を高め、人間本来が持っている自然治癒力を生かす治療法が大切だという考え方に目が向けられてきています。
 具体的には漢方療法や心理療法、さらには食事療法なども取り入れた統合的な治療法のことを意味していますが、その一例をご紹介しますので、よろしければ参考になさってください。
(参考1)世界で認められた抗ガン漢方薬「天仙液」

sponsored link


『ご留意事項』
・「全国病院ランキング&名医情報」の情報につきましては、あくまで参考情報の一つとして捉えていただき、実際に医療機関・医師を選択される際には、慎重に情報収集をされた上で決定されることをお勧めします。
・医療機関を選択する最終的な判断は、皆様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
・当サイトの情報については、最新のものを掲載するよう努力しますが、確定情報は各医療機関にご確認下さい。 
・当サイトの掲載業者との間でトラブルが発生した場合において、当方は一切責任を負いませんのでご承知置き下さい。

「全国病院ランキング&名医情報」はリンクフリーです。特に連絡の必要はありませんが、メールにてお知らせいただけると嬉しいです。
・当サイトに関するご意見、ご要望等がございましたら、メールにてお知らせ下さい。

-全国病院ランキング&名医情報-
COPYRIGHT (C):病院ランキング研究会2010. ALL RIGHTS RESERVED.
Total Page View 00000000  Today 00000  Yesterday 00000